制圧巨塔 シリウス大灯台 (Hard) ネタバレ注意

ffxiv_20151113_220422.png


大灯台にまつわる話はとても重いです
14でいえばタムタラハードのエッダちゃんの話も重いですが

シリウス大灯台はその場所にとらわれてしまった人と
残された家族の思いがあまりにも描写がつらいなあと感じているダンジョンです

いなくなってしまった人
残された者の身を案じる人
残されても生きていかなければならない人

色々と辛い思い出が詰まってる場所ですが、好きなダンジョンのひとつです。



以下シリウス大灯台関連のクエスト話も混ぜてお送りします






OPで新BGMにわくわく
ffxiv_20151113_220426.png
ffxiv_20151113_223132.png
ffxiv_20151113_220433.png
ffxiv_20151113_223751.png


ノーマルと同じだったどん!!!!
でもシリウスの曲は本当に綺麗。好き。しかし新OPすごくきれい。
ピアノの旋律が綺麗なのですが、力強い中に儚い表現もはいってるかんじで、まさにシリウスのストーリーの重さが。ってかんじですね。


突入は全員初見の
タンク みるでさん
DPS ふぇるさん・ぷりんさん
ヒーラー ララフェル追いかけてる人

ffxiv_20151113_224211.png

うれしいどん

ミミドアさんありがとう
ディアマンダさんがやはり大灯台に関しては一番心配だったのですがやはりここでぐぐっと泣きかけてしまった。

今回はハードですが
通常のシリウス大灯台で、一番最初のボス サイモンドは彼女のお兄さんです
倒した後のセリフのあと一瞬正気を取り戻した後のセリフがありますので
戦闘後皆様是非注意して今度見てみてくださいな
正直このセリフが毎回つらくてディアマンダさんを見かけるたびに思い出してつらくなります。
正気にもどった彼は、やはりディアマンダのことを気にかけており、必ずもどって安心させようという気遣いのセリフがあまりにもつらいのです。

ディアマンダさんは通常のシリウス攻略後にミミドアさんにがんばることを申し出て
修行は厳しいよといわれても
「何かに打ち込んでいればつらいことも忘れられますので」

ということを伝えて〆になります。

その後、ハードが追加されまた我々は大灯台へと向かうのでしたという。

本当に通常のシリウス大灯台の話は2.0で初めて追加された完全に新しいダンジョンのハードがシリウスでしたので
かなり時間もたっており皆内容もおぼろげになってたかと思いますが
上記のように少し悲しい話がシリウス大灯台のお話なので
是非、通常シリウス、ハードのシリウスにいくときにディアマンダさんの悲しみをちょっと思い出していただけると
戦闘の物語もぐぐっと深くなりますし
上記で書いたとおり新しいOPの冒頭部分の曲のピアノの旋律が重く綺麗に感じることができると思いますのでぜひ。



ああ本当にディアマンダさん、笑顔で過ごせるように。


エッダちゃんはダンジョンも出てますしかなり注目度高かったですが
ディアマンダさんはあまりにも負った傷が重く彼女にとって大灯台は辛い記憶を引き出す材料があるけど
それでもがんばって生きていかなくちゃと葛藤している彼女は本当にすごいです。
是非レターモーグリあたりでディアマンダさんの話をもっと深く追えればよいなあと期待してます。
関連記事
スポンサーサイト