2回目のヒーラー。

ffxiv_20150121_002224.png

だらだらんとヒーラー話。

何度か言ってますが私自身は物覚えが面白いぐらいに悪いです。
卑下しているわけでもなく。
なのでどのようなことに対しても何度も反復して覚えて
わからない人には自分のできる限りでお力になれればなーとすごしてはいますが
今回14も同じような形で物覚えが悪いため2回キャラクターを育てました。
本体とねるね。

がっつりやりこみというよりは本当に反復練習です。
1から50まで白と学者をやりなおして再練習。じゃないと本当に動きに自信もつかないですから。

白も出すときの恐怖も薄くなり
学者もフェアリーの使い方が前よりはやりやすくなったかなーと。


今でこそ出すのはヒーラーばかりですが
やっぱりこれできているのかしら?と不安になることは多いです
なので8人パーティで野良のヒーラーさんと一緒になるときは非常にお勉強になります。

クリタワとかでヒーラーさんと意思疎通ができてるときが本当にうれしい。
こうして楽しみを見出せてるのでヒーラーがんばってよかったかなーと。

最初の方は本当にだめでした。
いわゆるロールレの15-49は徐々に覚えていきましたが
50からはまた別の世界。

2.2時代にヒーラーになったのでハラタリでみなさんとパーティ組んで突撃
ダークライト撤廃につき本当に装備にこまった時代です。今は特にですね。
新規さんの装備とかきついですよね。集め方。

2.2ダンジョンはみなさんを死なせてしまうこと多数ばかりで
本当に悔しくてしょうがなかったです。みなさんの大丈夫ーふぁいとー
の声をいただくたびに申し訳なくて、本当に悔しい思いばかりしてしまっていました
自分の不甲斐なさにっていうかな。

なので本当に色々調べて。まとめて、自分なりにテキスト起こしてまとめてみたり
対処方法を考えてみたりしてましたが。

まだ試行錯誤しつつの学者ですがまだまだ改善の余地は大量にありそうなので
今後ともよろしくお願いしますという文章が散乱しすぎた
読みにくい〆でした・・・笑

とりあえず書いてみようとはおもったけどびっくりするほど
文章が散乱していて久々に衝撃というね。
関連記事
スポンサーサイト