(¥ω¥)

ffxiv_20170620_214732.png

こんなかおかな

って見てたら採集をしにいって襲われる事件簿

はんにんは
いもむし

夏ですよ!ってことでこんな時期は
伊藤先生の漫画を読みたくなったり
新耳袋が見たくなったり
あなたのしらなーい世界を思い出したり
学校であった怖い話をしたくなったり

夏はわくわくしますね




雑記






後すごく、そうすごく唐突に久々にループってましたが
伊藤先生の漫画を読む>新耳袋を思い出す>PSP・・う・・・頭が

そうです
たまに思い出しますし夏なのですが
PSPの新耳袋は最強に怖すぎて人におすすめができない
というゲームの出来も素晴らしいのに人にすすめられないというジレンマ

何が怖いってもちろんネタバレはしませんが
PSPとしての利点を最強に生かしたおぞましいのがあるんですよ
他のゲームをしようとしても恐怖に包まれるというとんでもない現象を引き起こします
私は過去何度か布団で「わーいモンハンやっちゃうぞー    (´ω`)おぎゃー」
という恐怖体験をしてます。
暗闇でやって怖すぎてあああああをしてました。
泣いた、ゲーマー人生初こんなにも別のゲームをしてるときですら恐怖になるというオチを迎えるとは思っていなかったのだ。

小説もいくつか読んでますし
ドラマもいくつか見ましたがそもそも実写のホラーがとても怖くなりすぎる人間だというのに
なんでもかんでも見て直後に後悔しますが

でも、苦手だからという意識で
神ゲーなアクションゲームをプレイできないとかそんなのはダメだ!!
という認識のもと
どのようなジャンルも飛び込むようになってますがやっぱりどうしても
ホラージャンルだけは
「ああああああああああ(´ω`)」
ってなるけど気にしない。
関連記事
スポンサーサイト